◆紹介しているうつわは販売しています♪ 食器 酒器 茶器 花器 陶人形  カテゴリごとにクリックしてみて下さい


by touki-uchida

カテゴリ:器屋のよもやま話( 20 )

変わるもの 変わらないもの。

器屋のよもやま話

e0063296_10102615.jpg

e0063296_10141693.jpge0063296_1024276.jpg

三島町震災復興記念写真帖のなかに見つけた
とうきのうちだの昭和の写真。

三島町震災復興記念写真帖は、
昭和9年1月 北伊豆震災から3周年を記念して看板建築を中心に
復興された三島町商店街の様子を収めたものです。
三島市になる前、三島町のころの写真です。

わかりにくいのですが、よく見てみると、
勉強組合 内田陶器雑貨店と書かれたのぼり、
店頭には五銭 二銭・・・と書かれた器、
吊るされた土瓶、
重ねられた植木鉢、カメらしきものがわかります。
嬉しさと感動より先に
思わず笑ってしまいました。
店にきたお客さまならすぐにおわかりだと思いますが、
現代のとうきのうちだも
この昭和の良き時代の雰囲気を今も残しているからです。

店頭に立つ曾おじいさんと今の自分。
昔も今も、同じような雰囲気の店頭のディスプレイ。
時代は変わっても、変わらない部分をみつけ
あらためて感慨深いものがあります。

こういうお店最近無くなってきたのよねと懐かしがられたり
昔ながらのたくさんの品ぞろえに珍しがってもらえたり
なかなか行き届かない点もご理解いただき
お客さまに励ましをいただきながら
日々続けていられることに感謝しています。

年の瀬に、店内に飾っているこの写真をみながら
この写真の時代から少しずつ変わってきた今を残していくのも
うちの店らしくいいのではと感じています。

今年も一年 とうきのうちだを
お引き立ていただきましてありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

とうきのうちだ
店主


新年は1月4日からの営業となります。

e0063296_10193976.jpg
当店は昔ながらのせともの屋です。
小さなお店ですので
いたらない点、行き届かない点も
多いことと思います。
お気づきの点ございましたら
当店info@touki-uchida.jpまで
いただけましたら幸いです。


●商品のお問合せはこちらから

●とうきのうちだ ホームページはこちら

[PR]
by touki-uchida | 2017-12-31 10:07 | 器屋のよもやま話

日々想うこと。

器屋のよもやま話


ギャラリーのようにすっきり、綺麗にディスプレイしたい
という想いはずっとあるのですが
マグひとつにしても、どれにしようか悩むくらいの方が楽しいかなとか
「このお皿、こんなに安いの!」なんて驚かれるような
安くてデザインや雰囲気のいいものをとか
やっぱり個性的な作家さんのものもいいし……。
なんてついつい欲張っているうちに
その想いを実現するのはまだまだ先のことになりそうです。

でも、たくさん種類があるのねぇと
目を輝かせながら話もそこそこに
夢中になっているお客さまを見ていると
これはこれでいいのかもしれないなんて想ったりして。
時には、こんなにあっても気に入ったものがないのよねぇと
厳しいお言葉をいただくことも。

そうなのです。
いいなぁと想う気持ちは人それぞれ。
みんな同じではつまらないから。
宝探しの気分でお客さまに気に入ったものを
見つけてもらえればと想います。

いまや買いたいものはネットでポチリ。
スーパーのレジもお客さまが自分で清算。
便利で簡単に、それはとってもいいこと。
でも、私たちのお店で日々繰り返されていること。
それは、会話から始まることが多いのです。

「料理が好きだからついつい器を買っちゃうのよね。
 たくさんあるのにね。」
「花を飾るのにこんなスペースにあう花入れないかしら。」
「そんなたいしたものじゃないけど
 もうちょっと大きな植木鉢に植えかえてやりたいと思ってね。」
「ネコのおきものが好きでどうしても集めちゃうのよね。」
「この間いったお店で使っていたぐい飲みが気に入ってね。
 やっぱ、器が違うと酒の味も違うねぇ。」
「別に何がってわけじゃないのだけれど
 やきものが好きだからちょっと見せてね。」
なんて具合に。

ときには、ひとりひとりのお客さまとの会話を楽しみながらの
じっくり、ゆっくりの器探し。
私たちも日々勉強させていただいています。

時代が変わっても変わらない店
それも面白いかなとあらためて感じています。

e0063296_2327382.jpg

当店は昔ながらのせともの屋です。
小さなお店ですので
いたらない点、行き届かない点も
多いことと思います。
お気づきの点ございましたら
当店info@touki-uchida.jpまで
いただけましたら幸いです。




●商品のお問合せはこちらから

●とうきのうちだ ホームページはこちらから

[PR]
by touki-uchida | 2017-12-15 11:20 | 器屋のよもやま話

花と器の饗宴。

器屋のよもやま話

e0063296_222382.jpg


沼津西武開店50周年記念 第56回静岡県華道展と
第45回三島市民芸術祭 三島市華道連盟いけばな展にいってきました。
お客さまが選ばれた器にどのように生けられるのか
いつもながらとても楽しみにしています。


e0063296_22141193.jpge0063296_22142941.jpg

器屋の目で花器として気にいったものを選び
お店に置いていますが
その器たちが店に置かれていたときと違って
イキイキと花とともに活かされている様を見るのは
とても楽しく、本当に嬉しいひとときです。
今年もたくさんの器たちの晴れ舞台をみることができて
感動のひとときを過ごすことができました。

この器とこの器でこんな使い方もできるのかぁ・・・
この器ってこうやって活けたら素敵になるんだなぁ・・・
などなど
器だけ見ていたときには想像もつかなかった
素敵な花あしらいがたくさんあり
思うまま心ゆくまで花と器の饗宴を楽しんできました。


e0063296_22204098.jpg
e0063296_22205720.jpg

e0063296_22211351.jpg



●商品のお問合せはこちらから

●とうきのうちだ ホームページはこちら
[PR]
by touki-uchida | 2007-10-03 22:00 | 器屋のよもやま話

花あしらい。

器屋のよもやま話

e0063296_23295070.jpg
器に
心を込めて生けられた花々。
美しさ、和やかさ、
凛とした空気感に
気持ちまでシャンとしてくる。

□■□

花を愛する心にふれる
優しい気持ちに包まれるひととき。




e0063296_23301257.jpg今年も、
三島市民芸術祭、三島市華道連盟いけばな展に
いってきました。
お客さまが選ばれた器にどのように生けられるのか
毎年楽しみにしています。

花の本来の姿・形、色、
季節感などを生かしながら
いろいろな器にあわせた 花あしらい。
自然に感謝しながら、
気を配り、心を尽くした いけばなだから
みている心に響いてくるのでしょうか。

街行く中でも
素敵な花あしらいを目にすると
自然に足がとまります。
どんなに忙しい毎日のなかでも
心のゆとりを忘れずに・・・ということを
教えてくれているような気がしています。

いけばな展でみた花と器の素敵な関係。
器屋にとって至福の時でした。
この器にどのように生けられるのだろうという楽しみ、
新しい出会いを期待して
また、いろいろな器をお店に・・・と
あらためて感じています。


デジカメが電池ぎれで
携帯で撮影したため上手く撮影できずに
申し訳ありません。



●商品のお問合せはこちらから

●とうきのうちだ ホームページはこちら
[PR]
by touki-uchida | 2006-10-04 23:19 | 器屋のよもやま話

夏の置き土産。

器屋のよもやま話

e0063296_1671374.jpg

鉢の中から自然にでてきた謎の植物。

ぐんぐん育ち、葉が茂り、
黄色い花をたくさん咲かせていました。

水をあげる度、
きれいだなぁ~と思ってみていたら
生い茂る葉の中にゴーヤを発見!

1cm、3cmくらいの ミニミニゴーヤが
幾つもぶらさがっていて
なんともかわいい♪

自然に実ったゴーヤ。

その姿に
心和むひととき。

□■□

素敵な夏の置き土産です。

e0063296_169734.jpg


まだまだ暑い日が続いていますが
夜になると虫の音が聞こえてくるようになり
少しずつ、秋の気配が漂いはじめています。

移りゆく季節を感じながら
訪れる秋を楽しみに・・・。
そろそろ実りの秋の器の準備に
とりかからなくては・・・と思うこの頃です。

スープカップ どんぶり ごはん鍋 土鍋 土瓶むし 茶家 燗ぴんなどの食の器。
花器 植木鉢などの植物の器。
秋を楽しむ器たち。
食欲の秋
彩りの秋
楽しい秋の準備 はじめています。




●商品のお問合せはこちらから

●とうきのうちだ ホームページはこちら
[PR]
by touki-uchida | 2006-09-11 16:04 | 器屋のよもやま話

ノンビリ ゆったり 雨も楽しむ。

器屋のよもやま話


e0063296_09273.jpge0063296_092055.jpg
毎年のことながら、
雨や曇りの日が多く、すっきりはっきりしない空に
気持ちまでしとしと、じめじめしてきそうですね。
そんな季節、私のひそかな楽しみいえば
庭に咲く季節の花たちを愛でること。
元気よく、たくましく競いあって咲く花たちをみていると
心がす~っとしてきます。

清楚で可憐な白い十字の花をつけるどくだみ。
その生命力、繁殖力には驚きです。
花を楽しんだ後、すっかりとったつもりでも
翌年にはニョキニョキと顔をだし
たくさんの白い綺麗な花を咲かせるのですから・・・。
薬草として様々な薬効があるといわれ
昔から民間薬としていろいろな利用されてきたのもうなずけます。

お客さまから挿し木でわけてもらった
山あじさい、隅田の花火も
しっかり根付いて大きな株になり、
綺麗な花を咲かせています。


そっと一輪。
いろいろな器にいれて飾ってみる。
鉢に浮かべてみたり、片口に挿してみたり・・・。
季節を感じる花と器。
ちょっとしたことだけど
気もちも和み、癒されます。
自然を楽しみ、
ノンビリ ゆったり 雨も楽しみたいものです。

e0063296_0114533.jpge0063296_0115856.jpg
●商品名 焼締め変形一輪さし 
幅14cm 高さ11.5cm 奥行6cm 
2,400円(税込)

●商品名 チタン釉掛分注器 
口径8cm(注口部分含む最大11.5cm) 高さ12cm 
3,000円(税込)


e0063296_0125856.jpg
e0063296_0132384.jpge0063296_0133368.jpg
●商品名 朝鮮唐津とじめ鉢 
21.5cm×23cm 高さ7cm 18,000円(税込)
販売終了しました。ありがとうございました。


●商品名 櫛目大鉢 
幅27cm 高さ11.7cm 7,000円(税込)


e0063296_23514241.jpg
包装紙 新しくしました♪


e0063296_23515226.jpg
お買い上げいただいたお客さまへお礼状差し上げています♪





●商品のお問合せはこちらから

●とうきのうちだ ホームページはこちらから
[PR]
by touki-uchida | 2006-06-03 23:24 | 器屋のよもやま話

ちょっとひといき・・・ささやかな楽しみ。中国茶。

器屋のよもやま話


e0063296_2244055.jpg
e0063296_2244956.jpg


この季節、一息つきたい時に飲みたい♪と思うのが凍頂烏龍茶。
出会いは、十年前ぐらいになるでしょうか。
中華街にいったときのこと。
ふらっと入った中国茶専門店。
そこで入れてもらったのが凍頂烏龍茶でした。
花のような香り、軽やかでいて存在感あるもの。
爽やかな深く優しい風味が口に広がって・・・。
なんて美味しいのだろうと思ったのがはじまり。
それまではジャスミン茶、鉄観音茶、プーアル茶などの
烏龍茶しか知らなかったのですが、
その日を機に、凍頂烏龍茶の味の奥深さにすっかり魅了されてしまったのです。

e0063296_225124.jpge0063296_2251020.jpg

その後、親戚が中国に住んでいたこともあり、彼女のおかげで
おいしい中国茶を入れるための器、
中国江蘇省の宜興(ぎこう)で作られた紫砂茶壷(中国急須)とも出会いました。
そしてその技術の素晴らしさと細工の細かさに魅せられ
ますます中国茶が好きになってしまったのです。

そんな中国茶ですが、
入れ方も飲み方も、見様見真似の自分流の楽しみ方です。
たくさんある茶壷の中でも、ひと目で気にいってしまった
金魚の茶壷を使っていますが、
そのほかは、日本のやきものの中から選んだ代用品です。

茶船は、お皿だし、
茶杯、聞香杯もぐい呑から選び、
茶海も手ごろな大きさの片口の器でといった具合に・・・。

好きなお茶と好きな器で、和みのひととき。
ほっと一息だけど、とても大切な時間。
心から楽しんでいます。

e0063296_2252387.jpg蛙の茶壷
蛙が細かいところまで表現されているのも面白いし、身と蓋の隙間が無く、しっかりとかみ合っているところなど機能的にも優れています。


e0063296_2255436.jpgくわいの茶壷
少し小さめの茶壷です。「芽が出る」ということから、縁起物としてお祝い料理に使われる くわい の感じがとてもよく表現されています。


他にも、ぞう、兎、松、切り株、南瓜などを模したものなど、
遊ぶ心いっぱいの様々な形のものがあります。
そのまま棚に飾っておいても素敵だし、
機能的にも優れている茶壷を多数取り揃えています。
お気軽にお問合せください。

茶壷・・・急須のこと
茶杯・・・お茶を飲むための小さな器。香りを楽しむためだけの器を
聞香杯・・・香りだけを楽しむための器。
茶海・・・お茶を茶壺から茶杯へ注ぐ時に、ムラなく均一にするために使う
ピッチャーのようなもの。
茶船・・・茶壷を置いてお湯をかけたり温めたり蒸らすのに使う器のこと。





●商品名 蛙の茶壺 
横幅約13cm(注ぎ口、持ち手含む) 奥行約9cm高さ7.7cm(蓋つまみ含む) 250cc 16,000円(税込)


●商品名 くわいの茶壺 
横幅約11cm(注ぎ口、持ち手含む) 奥行約7.3cm 高さ7cm(蓋つまみ含む)110cc 18,000円(税込)


●商品のお問合せはこちらから

●とうきのうちだ ホームページはこちらから
[PR]
by touki-uchida | 2006-01-11 21:44 | 器屋のよもやま話

器で食べる。美味しく食べる。お正月をおいしく、楽しもう♪

器屋のよもやま話


e0063296_2374774.jpg

毎年のことながら、あれもしなきゃ、これもしなきゃと慌しく過ぎていく日々。
1年の締めくくりと迎える新しい年への準備に追われるこの時期ですが、
緊張感があり、なぜだか気持ちだけはシャンっとしているから不思議です。
(体はいささかお疲れモードですが。。。)
この毎年のこと。
忙しくもあり、大変だぁ~といいながらも、(多少は手を抜くこともありますが。。。)
ひと通りやらないと気がすまないし、
なんとなくいい年が迎えられないような気もしたりして。

おせち料理もそのひとつ。
五穀豊穣を願い、家族の健康と子孫繁栄を祈り、
縁起のいい食材でつくられてきたおせち料理の数々。
「よろこぶ」の言葉にかけた昆布巻き
「まめに」暮らすようにと黒豆
沢山の穴のあるれんこんは「見通し」のよい一年になるように、
「金団」という字から財産がたまるようにときんとん
子芋がいっぱいつく里芋は子宝に恵まれるように・・・などなど、
お正月のおせち料理を食べながら、
一つ一つに込められた意味を教わってきた私も、
自分でもおせちをつくるようになり、
あらためてその意味などを奥深く感じてはじめています。

壱の重、弐の重、参の重と
彩りよく、美しくお重に詰めたおせち料理もいいのですが
最近は、器屋らしくお気に入りの和の器たちに、
食べる分だけ少しずつ盛りつけて楽しむのもいいなと感じはじめています。
同じ料理でも、選んだ器によって印象がかわるし、
器にどう盛りつけようか、あれこれ考えている時間も楽しいもの。
あたりまえのことだけど、
料理だけでなく器で美味しさも、もっともっとプラスされるものだから。

お正月のおせちではじめる、新しい年の器遊び。
ゆったりと流れる時間の中で、いつもと違う器使い。
美味しく、楽しく、はじめてみようと思います。

少しだけ作ったおせち料理を、器に盛ってみて
あらためてそんな思いに駆られました。




e0063296_2354174.jpg
e0063296_236063.jpg



e0063296_2361075.jpge0063296_2361984.jpg



写真の器は、佐藤弘人さんの器たちです。
佐藤弘人さんの作陶展~秘めたる土の宇宙~が、
2006年1月26日(木)~2006年2月1日(水)
京王百貨店 新宿店6階 美術工芸サロンにて 開催されます。
お近くの方は是非、ご覧になってください。
[PR]
by touki-uchida | 2005-12-30 22:55 | 器屋のよもやま話

しみじみと、じわじわと。特別なものになる。

器屋のよもやま話


器屋ですが器を自分の店以外の店で買うこと、あります。
器好きなのも玉に瑕、
自分がいいなぁ♪と思った器に出会ったら、
実際に使ってみたいと思う気持ちがムクムクわいてきて
ついついってことになるのですから・・・。
でも、そのはじまりはひとつのビアカップでした。
十数年前、東京のギャラリーで出会った備前焼のビアカップ。
その頃は、店主も私も新米で、(今もまだ一人前にはなっていませんが・・・)
備前焼~伝統的な焼物~高価なものぐらいの感覚で
見たり、聞いたり、本で読んだりした情報として知っているぐらいのもの。
手にして、まじまじと見て、ギャラリーの人の話を真剣に聞いているうちに
なぜだか買ってみようかなって思ったことも
思えば、出会うべきして出会ったのかもしれませんが、
その時は、あまり深く考えずに買ったものでした。
で、この備前焼のビアカップ。
最初はよくわからず使っていたのですが、
使い続けるうちに、う~ん、これが備前焼かぁとしみじみと感じるものが・・・。
焼きのいいのは見た目でわかっても、
使ってみないことには、本当の良さってわからないのだってことを
しみじみ感じることになるとは思ってもみませんでした。
まず、しっとりと手に馴染む。それは本当にいろいろな表現をされますが、
自分の手だけが知っているなんともいえない心地よい感覚。
ビールの泡の細やかさは、周知のとおり。
結構雑に使っているのですが、いや~な匂いが残らないし、
使えば使うほど、いいのです♪
店主いわく、違うんだよな~。上手く表現できないけど。
ビール、焼酎を飲もう♪という時には、
ついついこの器に手がのびるということになるのだそうです。
しかし、本当よくも飽きずに使っているなぁとつくづく思います。
ここまで長くつきあっている器には、
また特別な想いも生まれはじめてきています。
初めはなんとなくからでも、
器を使ううちに、長くつきあううちに、向きあう度に
この器がどんどん大切なものになっていく。
そういう器に出会えたこと、とても幸せなことだなとも思います。
器にはこういう力もあるんだなぁと
店主と私にとって、
いろいろなことを考えさせられ、教えられた器になりました。

e0063296_185562.jpg

[PR]
by touki-uchida | 2005-12-17 01:01 | 器屋のよもやま話

笠間、益子。いやぁ~本当に楽しい♪ですね。

器屋のよもやま話


e0063296_2343925.jpg


ちょっと遅くなってしまった話なのですが、
笠間 匠のまつり、秋色 益子陶器市にいってきました。
すご~い♪楽しい♪刺激がいっぱい♪
会場の広さはもちろん、出展者の多さと個性ある作品の多さに
思わず、唖然・・・。
すべてをみるには時間がたりない・・・。
限られた時間の中でできるだけたくさんまわるぞ~っという誓いを胸にいざ勝負!!
ちょっとした戦闘体制です。
こういう場にくると、妙にわくわく、うずうず。
店長いわく悪い虫が動きはじめます。
新しい作家さんとの出会いや
お得だなと思う器を見つけるというお店の器探しの他に
自分が使ってみたい自分の器探しにも走る私。
やること多いのに、楽しいって気持ちが先にくるのでたくさん歩いても平気、平気。
ひとつひとつ見て頭をフル回転させて、その場で答えをだしていかないと・・・。
さっき気になったあの器はどこだっけといっても
2度と出会えないくらい場所は広いし、時間のロス。
かなり瞬間の決断力が必要です。
お買い得なものはもちろんですが、
作家さんの想いのこもった個性ある作品との出会いが楽しいのもひとつ。
ちょっとした気配りやこだわり、作り手の想いが感じられる
作家さんの器には、人が創りだすものの魅力があるから。
お祭りでは作り手自身が接客しているので、
短い間ですがいろいろな話もきけるのも魅力。
人柄のいい方が多かったのにも感動しました。
こうみえても、話かけるのってけっこう勇気がいるので・・・。
いろいろ気さくに話ができるのってうれしい♪。
気になる器のことはあれこれ知りたくなるもの。
話をしているうちに、知りたかった器のこと、作り手の想いが伝わってきて
その器に自分が惹かれたわけもなんとなくわかったりして、
よりその器に興味がわいてくることもあるのです。


e0063296_23433490.jpg
e0063296_23451711.jpg

ディスプレイもすごく参考になりました。
器への愛情あるその見せ方も、すごく素敵でした。
見ることすべてが勉強になる・・・。
もっと見ていたいなぁ~。といつものごとくの私の発言に、
でも、お金が続かない・・・店長の冷静なお言葉。

百聞は一見に如かず。って本当だなぁ・・・としみじみ。
なんで今まで来なかったのだろう。もっと早く来るべきだったという想いでいっぱい。
出かけてくるまでは、ここまですごいとは思っていませんでした。(・・・反省)
いい出会いがいっぱいできて、本当に満足な充実した2日間でした。
[PR]
by touki-uchida | 2005-11-07 23:44 | 器屋のよもやま話

カテゴリ

食す器♪食器
食す器♪土鍋・ごはん鍋
食す器♪漆・陶・磁重箱
和む器♪茶器・酒器
三島湯呑・三島茶碗
彩る器♪花器
しつらえる器♪インテリア
しつらえる器♪湯たんぽ
愛でる器♪陶器人形
愛でる器♪陶器雛人形
育む器♪植木鉢・盆栽鉢
木と陶カトラリー♪箸等
器話♪器の話いろいろ
器人♪器仕事人いろいろ
器使い♪お店いろいろ
お知らせ
器屋のよもやま話
包装 梱包について
とうきのうちだ のこと
みしま共通駐車券

とうきのうちだ

ショップ情報♪

とうきのうちだは
静岡県三島市にある
陶器店です

食器 酒器 茶器
花器 しつらえの器 
傘たて 陶人形
植木鉢 山野草鉢
盆栽鉢などを
販売しています

お店の地図♪

伊豆箱根鉄道
三島広小路駅から
徒歩3分です

三嶋大社から
車で6分(渋滞なしで)
サントムーン柿田川から
車で5分です

お車でいらした
お客さまは
隣接する
うちだパーキング
無料でご利用できます

ホームページは
こちら♪


お問い合せ
ご注文は こちら♪






□■□ リンク □■□

おすすめ サイトは
こちら♪
ホームページ内
おすすめサイトへ


おすすめ リンク集は
こちら♪

ホームページ内
リンク集へ



◆イベントのお仲間◆

新舟ナーセリー♪
クリスマスローズ
クレマチス スミレなどを
生産販売しています




陶器・食器




にほんブログ村 インテリアブログ 和風インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ キッチン雑貨へ
にほんブログ村




クリックするだけで
無料で募金ができる
サイトです☆

その他のジャンル